« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月28日 (火)

元祖ガバメント

まだまだWAのガバメントが出てきます。
こいつは元祖ガバメント!
M1911です。A1がつく改良型の前のガバメントです。ちょっと好みでキャロムのグリップに交換してあります。
ミリタリーガバメントですが、大昔はブルー仕上げだったそうで青味の強めなカラーリングです。
特徴的なのは、トリガーまわり。ロングトリガーでフレームにも指を届き易くするエグリがありません。そしてストレートのハウジングはスムーズタイプです。
昔のガバメントのほうが使いやすいんじゃないのかと思わされます。
ツルツルグリップは反動を味わうにはもってこいです。
シンプルなガバメントならこいつを是非選んでやって下さい。050628_001802.jpg
050628_001602.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

試作品チェック!

ウェスタンアームズ渋谷で試作チェック!
結論〜
両方予約しました。
TSGはグレーがまた別の青系グレーでなかなか。
ハンマーも綺麗な感じだった
DKはストレートトリガーもいいかんじ。シルバーが今までより暗い黄色がかったいろみでこれもよし。
楽しみだ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

WAの新製品

やばいです。
WAから7月の新製品が発表になってます。
ウィルソンTSGとSW1911DK
どちらも魅力的です。
特にウィルソンは限定なので予約しなければ。
どっちも特徴的でかっこいいから2丁ずつほしいなぁ。
10万近く消えてしまうことになりますね。
うーん、金策が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

コルトガバメントCQB

ツートンつながりでWAのコルトガバメントCQBを紹介します。
コルトのラインナップにこのタイプは多分ないんではないかと思います。
WAオリジナルカスタムガバメントではないかと思います。
グレーフレームにコーンバレルが特徴です。スライド閉鎖時はノーマルタイプのガバメントの雰囲気です。
グリップは昔流行った?スキップドチェッカータイプにしてみました。
こうしてグレー/ブラックのツートンを並べると、この色の組み合わせはなかなかイケテるなと思わせます。050620_213501.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

4013TSW

これまたWAのスミス&ウェッソン
ショーティ40の流れの最新版です。
コンパクトタイプのS&Wはデベルカスタムを見て以来、ずっときになっていたのですが、ようやく購入しました。まだちゃんと撃ってないので性能はわかりません。
んが、グリップがいまいち手に馴染まない。
ガバメントに慣れた私には太すぎるかもしれません。050618_234701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルソンSDS

ちょっと、ピンボケだったかな。
WAのウィルソンSDSを安く入手出来たので、プロフェッショナルときせかえしてみました。
ブラックのスライドがSDSのものです。
コンパクトモデルに4インチのスライドと特徴的なタクティカルコーンバレル。
グレーとブラックのツートンにするとカッコイイですね。050618_145301.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

マルイハイキャパ

はい、マルイハイキャパ二挺アップ

マルイのガスブロシリーズではかなり気合いの製品です。ガバメントタイプなので、今となってはアフターパーツの山。
好みの一丁を作れます。お金かかるけど。

さて、ひとつづつ紹介。真っ黒のはレーザーサイトをぶら下げた、夜間戦闘用。でもイジリすぎました。スライド、アウターバレル、インナーバレル、リコイルスプリング、ハンマースプリング、コバカップ、マガジンのガスバルブと一通り。
シルバーフレームのは、フロンティアのメッキ仕様です。サイレンサアダプタや専用インナー、バルブやカップとこちらもチョコマカとカスタム。
いじらなくても十分ゲームには使えます。ただカップは必需品かな。ノーマルのオーリングがかみこんで動作不良になりましたから。
弾道も素直だし初速も十分。こんなゲーム向きのガスブロは無いんじゃないかと思います。050615_233601.jpg
050604_175101.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

M4A1SOPMOD

マルイM4A1RISベースのSOPMODです。
M4にグレネードを装備した破壊力向上型カスタムです。実際に湾岸、イラクなどで見かけるタイプです。
エアガンとしてもモスカートを使用可能で、怪しいブッシュに一撃で大量のBB弾を叩き込むなど、戦い方に幅が出来ます。
弱点は、とにかく重い。体力つけなきゃと考えさせられます。
性能は通常のM4ですので、使いたい時は派手に戦いたい時ですね。050613_233702.jpg
050613_233701.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

愛機G36

マルイHK-G36です。私の主力ライフルです。
HK社最新のアサルトカービンをマルイがモデルアップした最新鋭の電動ガン。
中身は文句なし。バッテリーはミニタイプなんですが容量1100のニッケル水素バッテリーでスタミナ面も問題なし。
外部装備として、レール類とフォアグリップ。アクリルフロントサイトに4倍固定スコープ。フロントにはトレーサーを装備して夜間戦闘用になってます。
多弾マガジンは470発も入るので、バラ巻き合戦でも対応。このマガジンはM4系より弾あがりが良いです。
トリジコンタイプのスコープは索敵にはもってこい。サイズがコンパクトなので邪魔になりません。
ちょっと前よりに重さがかかるのですが、その辺は慣れてしまうでしょう。
出番の多い一丁です。050612_143502.jpg
050612_143501.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ウィルソンプロフェッショナル

ウィルソンのセミコンパクト、WAのプロフェッショナルです。
フルサイズのフレームに4inのスライドの組み合わせ。
これがとりまわしも良く、ベストセレクトではないかと思うガバメントです。
ノーマルサイズと比べて初速は落ちますが、命中精度などは違いは感じません。
小さなガバメントはそれほど好きなタイプでは無かったのですが、コンパクトガバに目を向けるきっかけになりました。
ちっちゃいのも中々よい物です。050612_004102.jpg
050612_004101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルトガバメントmkIVシリーズ70

WAのガバメント、プレミアムエディションです。
とにかく綺麗なメッキ、これです。ガバメントらしい一丁です。
ABSにメッキがされているので、重量は他のガバ達より軽いです。そのぶんスライドのスピードは早い感じです。
私がSCWガバメントシリーズを買い集めるきっかけになったのがこれなんです。
もう一丁くらい買っておいてツートンモデルのベースガンにしても良かったかなぁ。
もう手に入らないでしょうね。050611_212801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

MARSOC

先日購入したばかりのWA製品MARSOCです。
これまた海兵隊さんちでMEUがボロくなったから新しいの買ってくれいというわけで、キンバーが納入した軍用カスタムガバです。
特徴的なのはグリップやスライドセレーション、後付けタイプのレールですね。
先日慣らし運転という事で結構撃ちましたが、作動はいつものガバどおり快調!
ホップ切った状態で弾もいい加減で飛んでました。
作りも綺麗な感じで良いですよ。
一緒にちらっと見えるのはマイカスタムガバです。050609_211501.jpg
050609_211402.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

グロックアサルトフレーム

マルイグロック26ベースのカスタムガンです。
アサルトフレームと名付けられた独特のグリップ部とコンペンセイターで隠されたロングインナーバレルが特徴です。
サイトはこれまたアクリルサイト。コンペンセイターはフレームに固定されてインナーバレルを保持します。
左利きの私でもこのグリップはばっちりフィットします。この手のグリップは右手用デザインである事が多いので珍しい事ですね。
マルイベースですから飛距離、集弾性とも文句なし。ゲームよりはマッチ用の雰囲気ですね。050608_005901.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワルサーPPK/SとP99

お待たせしました。マルゼンワルサー3部作です。
P38は先日紹介しましたので、P99とPPK/Sです。

まずP99ですが、実は詳しく知りません。多分、ミリポリ(古)向けの機体でしょう。
ポリマーフレームを活かしたグリップデザインは素晴らしいです。こんなに握り易いグリップはなかなか無いです。
ただトリガーアクションは独特で癖があります。
サイトは社外品のアクリル集光タイプへ交換してます。これは狙いがつけやすいですよ。

さてPPK/S。中型オートの定番。アメリカの輸入規制に対応するためPPのフレームにPPKのスライドを載せたものです。
コイツは小さなエアガンですが、弾が22発も入るすごい設計。弾数重視ならコイツをゲームのサイドアームとして、ポケットにでも押し込んでおくと良いでしょう。
私のはメッキなんであまりゲーム向きじゃないですがね。
マルゼンワルサーシリーズはどれを選んでも外れないでしょうが、あえて選ぶならPPK/Sかな。コンパクトで多弾という特徴は他に無いですから。050607_232102.jpg
050607_232101.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

資材調達&運用テスト

本日は相模原のTAMTAMへ買出し

買出しされたのはY隊長はKSCストライクガンとSIISのライト
私がWAのマーサックとSIISのライト

その後私の家でY隊長はAPSの試射と私はSIG226の試射
約30メートルの場所に標的をおいてテストシュート
ホップ調整などを綿密に実施してSIGは実戦投入を決定

その後台湾リスが出現したため、急遽ムービングターゲットシュートへ変更

リスは害獣です。追い払うために周辺にBB弾を降らします。
はやいはやい。

この周辺を荒らさないようになってくれればいいのですが。
ちなみに庭先ですから必ずバイオ弾ですよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MGC ハイキャパガバメント スプリングフィールド エキスパートピストル

長い名前だ。
MGCがグロックでブローバックに成功した後に発売されたガバメントシリーズ。
これより前には固定ガスしか無かった。
しかし、当たらないガスガンだったなあ。反動が始まるのと、弾が出るのが同時のイメージ。

表面処理は今のガスガンなんかに負けないぐらいきれいなんですよ。

ちょっとメンテナンスして撃ってみようかな。050605_020401.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

イングラム&スコーピオン

PA0_0007イングラムとスコーピオン
どちらもマルゼンのガスブローバックSMGです。
イングラムはオープンボルトからスコーピオンはクローズボルトで動作します。

イングラムはCQB仕様でごっついレールがついていたのですが、かっちょ悪いのではずしてしまいました。
スコーピオンはウッドグリップを装着、なかなか男前のサブマシンガンです。
PA0_0006
こちらがイングラムのみ。M11は小型軽量の代名詞みたいなサブマシンガンですね。ボルトストップは存在しないので、ガスだけ入れてバリバリできます。
気分爽快な一丁ですね。


PA0_0005でこちらがスコーピオン
マトリクスでも二丁拳銃状態でバリバリ撃っていたやつです。
マガジンの段差で弾がひっかかるので、ばらしてぴかぴかに磨きましたが、時たまひっかかってしまうことがあります。

マルゼンにはこの手のSMGもっと充実させて欲しいなと思います。
たとえば、モーゼル712をフルオートでばら撒きたい。
小さなボルトだから強度的に難しいのかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マルイガバメント

マルイコッキングガンのガバメントです。

現在はホーグのラバーグリップが付いてます。ランヤードリングはいつの間にかもげてしまいました。

軽く、弾道も侮れないため、ゲーム時には最後の武器として携帯することもしばしばあります。

全体に傷だらけになってきているのと、フレーム側がモナカ構造なので押さえの役割も期待してグリップ変更のドレスアップを行いました。

こんな感じも悪くないではないかと。050604_165401.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ワルサーP38

じゃーん、マルゼンワルサーP38。

ルパン三世の愛銃として、日本のある年代ならたいがいは知っているとおもわれます。

ドイツ軍が生産性の悪いルガーやモーゼルの代わりに正式採用した軍用拳銃です。

ダブルアクション、ハンマーデコック付きセフティと現代のオートマチックの基礎は全てこいつが元祖と思います。

エアガンコレクションには一丁加えておきたい名銃ですね。050604_152702.jpg
050604_152601.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SW M945

KSCの945とコンパクトです。

本家SWでも受注生産状態の高価なハンドガンも、日本のエアガンならさっくりお手軽に入手できます。

デザインがSWっぽくて好きな感じです。ウロコもなかなかいい感じですよ。

ただ私のコレクションの中では出番が少ないんです。ゲームではマルイが登場するし、部屋でバンバンする時はやっぱガバだし。

枕元を飾る事が多いですね。でも気に入ってなきゃ買わないですから。050604_143902.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

WilsonCombat CQB

WilsonCombat CQB

ウイルソンコンバット社の製造するガバメントがモデルアップされたのが、この一丁です。
WAのガバメント群を買い集めるきっかけになった、お気に入りのガバメントです。
こいつを手にしてから、一連のガバメントを買いあさってしまいました。
昔から(MGC時代)ガバ好きだったんですけどね。

外観は使いすぎ、磨きすぎで表面塗装がだいぶ薄くなってしまっています。
限定品の黒塗装バージョンなので塗装しなおすのもあれですし、使い込んだ雰囲気がでてこれもよしと思っています。
カスタムガバの王道を行く装備が標準で提供されていますので満足度は高いと思います。

ところが私の中の悪い虫は許してくれませんでした。
アンビセフティへの交換、ロングリコイルスプリングガイドへの交換、グリップをピアースのラバーへ交換とちょこちょこ取り替えています。

ラバーグリップにしたことでより一層ブラックバージョンが引き立っていると思います。
やっぱガバはいいねぇ。050603_090002.jpg
050603_085901.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

マルイ SIG226

今回は次戦投入予定のシグくんです。

マルイの最新鋭ガスブローバック。ハイキャパがカスタムしすぎでちょっともったいなくなってきた事もあり、購入されました。

実はまだテストしてないので室内で試射しただけなんです。

ただ例によって早いスライド回転と素直そうな弾道は確認しました。たぶん使える機体と思います。

はやいとこ、ハイキャパからレーザーサイトを移植しなければ。050601_232801.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »