« グロックアサルトフレーム | トップページ | コルトガバメントmkIVシリーズ70 »

2005年6月 9日 (木)

MARSOC

先日購入したばかりのWA製品MARSOCです。
これまた海兵隊さんちでMEUがボロくなったから新しいの買ってくれいというわけで、キンバーが納入した軍用カスタムガバです。
特徴的なのはグリップやスライドセレーション、後付けタイプのレールですね。
先日慣らし運転という事で結構撃ちましたが、作動はいつものガバどおり快調!
ホップ切った状態で弾もいい加減で飛んでました。
作りも綺麗な感じで良いですよ。
一緒にちらっと見えるのはマイカスタムガバです。050609_211501.jpg
050609_211402.jpg

|

« グロックアサルトフレーム | トップページ | コルトガバメントmkIVシリーズ70 »

コメント

可変ホップですか~いい機能ですよね。
ばるさんカスタムのガバは傷とかがいい味出してます
セレーションの間隔が広いのが特徴ということでしょうか?

投稿: LECO | 2005年6月 9日 (木) 21時45分

そうですね、幅広いセレーションは軍用には向いていると思います。埃や汚れが溜りにくく、それだけ腐食しにくいでしょう。
マイカスタムは汚し塗装もしてます。端っこをシルバーで擦ったりとか。

投稿: ばる | 2005年6月 9日 (木) 23時27分

そうですね、幅広いセレーションは軍用には向いていると思います。埃や汚れが溜りにくく、それだけ腐食しにくいでしょう。
マイカスタムは汚し塗装もしてます。端っこをシルバーで擦ったりとか。

投稿: ばる | 2005年6月 9日 (木) 23時28分

なるほど・・・いろいろ考えて作ってあるんですね。

ばるさんすごいなぁ・・・ハリウッドもびっくりのメイク技術ですよ、歴戦の傷かと思いました。
傷といえばスポンジの粗い面でステンレスのエアガンの表面を磨くと本物っぽくなると聞いたのですが・・・本当でしょうか?

投稿: LECO | 2005年6月10日 (金) 00時37分

こんにちはLECOさん
スポンジの粗い面でこするということは、ヘアライン仕上げをしたいときですね。
機械での削り加工跡を表現したいときにやるようです。
塗装する前に下地処理の段階でこすってわざと一定方向への傷をつける作業のことだと思います。
決してメッキ処理されたエアガンでやってはだめですよ。メッキがはげちゃいます。

投稿: ばる | 2005年6月10日 (金) 10時29分

なるほど・・・危うくやっちゃうところでしたm(_ _)m

投稿: LECO | 2005年6月10日 (金) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/4485605

この記事へのトラックバック一覧です: MARSOC:

« グロックアサルトフレーム | トップページ | コルトガバメントmkIVシリーズ70 »