« ボブチャウちょいカスタム | トップページ | 続ボブチャウちょいカスタム »

2006年3月21日 (火)

ボブチャウVS各種フレーム

DSC00318
まずはMEUレイトブラック、ボブチャウ、シリーズ70
DSC00319
コルトCQB(80ですね)、ボブチャウ、MEUアーリー

トリガーバーが入らなかった時点で、70や80ではないのでしょう(インナーシャシーだけ違うのかもしれませんが)。
MEUレイトのフレームはダストカバーが厚いですからこれも除外ですよね。
こうなるとご指摘のとおりMEUアーリーが一番近そう。

SW1911シリーズは撮影してないですが80フレームに近い形状に見えます。
キンバーも同じく80形状ですが、ハイグリップ加工が入っているのでこれも別物。
ウイルソンも80タイプでしょう。

ですが、ボブチャウだけの特徴としてトリガー後方の人差し指をよけるえぐりの部分(なんていうんだろう)が大きく後方へ面取りされています。従来のフレームには見られない形状ですよね。
ひょっとしたらオリジナルフレームかもしれませんね。

|

« ボブチャウちょいカスタム | トップページ | 続ボブチャウちょいカスタム »

コメント

■前の書き込みに対して、レスありがとうございました。ひょっとしたら、ボブ・チャウのフレームはMEUアーリーをベースに、新規金型で作ったのかもしれませんね。しかしWAは、表向きはあくまでも「S70がベース」と言い張っています。

 ウィルソンは元々S80ベースかもしれませんが、フロントストラップ部にチェッカリングが入っていて、サムセフティの穴が大きい(5ミリ)独自金型だと思います。

 キンバー系は、フロントストラップ部の細かいチェッカリング(30LPI)とトリガーガード付け根のハイグリップ加工から見て、TSGのフレームがベースになっているはずです。SWAT CUSTOMは変更なしの完全な流用、TLE/RL II は金型変更によるものと思われます。
 ちなみに、TLE/RL II ではフロントストラップ部のチェッカリングがTSGより上に5ミリ程度延長されているんですが、既存の部分と延長部分の間に、境界線がはっきり出ています。「証拠発見!」というところです。
 一方、MARSOCとWARRIORは所持したことがないので、よくわかりません。

投稿: Kim | 2006年3月21日 (火) 17時37分

Kimさん、こんばんは。

比較画像見ていただけたようですね。MEUアーリーベースであれば、1911A1フレームということで、ほぼ70同等ですよね。

ボブチャウスペシャルは、細かなところの再現性などが気になるかもしれませんが、今回のウエスタンアームズのモデルは全体的印象として「ボブチャウだぁ」って思わせるに十分なイメージを提供していると思います。

フレームのベースが何であれ、ボブチャウのイメージをここまで再現できていることが重要ではないでしょうか。

ちなみにMARSOCは、ハイグリップ加工がされた80系デザインでノンチェッカーですから、発売順からもTSGのベースがこれでしょうね。WARRIORはTLE/RL2と同じに見えます。

それに加えてボブチャウは実射性能も十分です。初速計測の記事でも書きましたが20メーター先の一斗缶、ねらう気になれますよ。

投稿: ばる | 2006年3月21日 (火) 20時31分

■Valさん(でよかったでしょうか?)レスありがとうございます。
>MEUアーリーベースであれば、1911A1フレームということで、ほぼ70同等ですよね。
 名目上はそうなんですが、実はこの辺がクセ者で、MEUアーリーは1911A1フレームとかなり形状が違います。具体的に言うと、トリガーガード上部が角ばりすぎているのと、トリガーガード後方のリーフカットの幅が狭いですね。
 「角ばり」というのは、単に角が尖っているということではなく、トリガーガード上部左右の斜めになっている「天井」部分の角度が水平に近く、マズル側から見るとエラが張ったように見えるということです。
 MEUアーリーとして見ている時はあまり気にならなかったのですが、ボブ・チャウになってメルトダウン加工がされると、その「エラ張り」が気になって仕方ないんです。角だけ丸めても、シルエットが違いますので…。

 ただし、これも重箱の隅をつつくような事柄なので、気にしすぎない方がいいんでしょうが…。

 正直言うと、再現性よりも実射性能のよさが気になっていて、お金があったら買いたい気持ちは十分あります。

投稿: Kim | 2006年3月21日 (火) 22時06分

Kimさん、こんばんは。
ひらがなでもローマ字でもどちらでも良いです。

MEUアーリーフレームと1911A1フレームの違いですが、私の手元の二丁を比べて思ったのは、角張はカットの仕方ではなくてトリガーガード内の処理の問題では無いでしょうか。
MEUアーリーはウイルソンより大きなスリーホールトリガーを収納可能にするためにトリガー上部が接する面が平らに成形されています。
この成形のために真横からみると少し薄く見える感じがします。
トリガー後ろは確かに少し小さいかもしれませんね。

Kimさんは細かいところまで瞬時に見ておられるようでよく気がつくものだと感心します。

そういえば実射性能はVer3機種はきっと同等であると思います。レイルドショーティもなかなかですから。
ボブチャウで無かったとしてもお気に入りのVer3機種が見つかると良いですね。

投稿: ばる | 2006年3月21日 (火) 23時26分

■ばるさん、レスありがとうございます。
>角張はカットの仕方ではなくてトリガーガード内の処理の問題では無いでしょうか。
 なるほど、そういう部分もあるかもしれませんね。
 あと、フレーム側面の平面部の上下幅が、MEUの方が1911A1やS70より広いように見えることも、私の推論の根拠になっています。スライドストップのピンの下側の平面部の上下幅を見比べたら、違いがよくわかると思います。ボブ・チャウは、角を丸めているのに、その幅が大きいので、丸める前はさらに角ばっていたんだなと推測されます。
 いずれにしましても、あまり建設的な議論ではないので、もはやどちらでもいいかなと思います。

>実射性能はVer3機種はきっと同等であると思います。
 今はVer.2の性能であまり不満はないのですが、Ver.3の方が優れていますか? 5m程度の近距離で着弾がVer.2よりも上にズレるようであれば、かえって嫌なんですが…。ボブ・チャウは、サイトの調整でほどよい高さに着弾されられるように見えますね。

 ところで、私も自分のブログでWAのガスガンを中心に色々紹介していますので、ご高覧いただければ幸いです。写真はけっこう評判がいいので…。

http://blogs.yahoo.co.jp/aea00065

投稿: Kim | 2006年3月22日 (水) 00時56分

Kimさん、こんばんは。

ブログへは今度おじゃまします、よろしくお願いします。

ちなみに着弾点の件ですが、私は6時照準でしかもフロントサイトの高さをリアサイトの高さに合わせないやり方なのでいままで着弾が上だと感じたことが無いです。

違和感を感じていないので近距離では一緒なのではないかと思いますが、今度比べてみます。

投稿: ばる | 2006年3月22日 (水) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/9186823

この記事へのトラックバック一覧です: ボブチャウVS各種フレーム:

« ボブチャウちょいカスタム | トップページ | 続ボブチャウちょいカスタム »