« タナカ ブローニングハイパワー 塗装について | トップページ | GALCO マイアミクラッシック »

2006年4月20日 (木)

WA M1911A1 Transition Model

ウエスタンアームズのM1911A1トランジションモデルです。
ミリタリーモデルのブルー仕様と思っていただければ間違いないです。
1911アーミーよりちょっと仕上げが汚いんですけどね。

Dsc00663
ショートトリガー、アーチ型のランヤード付きハウジング、ワイドハンマーなどなどまんまミリタリーです。なんとなくパーカライズグレーのM1911A1には手が出てなかったのですが、トランジションは色が違うだけで独特の雰囲気があります。

Dsc00664
US.ARMYの刻印とかだけでシンプルな右側面。
ところがここに大きな問題が。アップにしますよ。

Dsc00666
エジェクションポートの前端に縦に筋がはいっているのわかりますよね。
最初は小さなひびかと思ったのですが、これ成型時の跡らしいです。

ウエスタンアームズに持って行ってこんな傷ついてたらやだ、取り合えて、って言ったのですがトランジションはみんなこうなってしまってるんです。勘弁してください。というお返事でした。

さすがにブラックモデルとかならあとで綺麗に削って仕上げ直すかとか思ったりしても良いんだけどブルーカラーじゃ綺麗に塗装する自信ないし。
でもそのうちチャレンジしてみるのもいいかもしれないですね。(前向き前向き)

|

« タナカ ブローニングハイパワー 塗装について | トップページ | GALCO マイアミクラッシック »

コメント

■こんばんは。トランジションとU.S. Army Ver.2の仕上げはソックリですよ。同じところにスジが入っています。それと、スライド左側面は2つのノッチの周りにミミズが這ったような跡があって、これも成型時のもののようですね。

投稿: Kim | 2006年4月21日 (金) 00時22分

細かい奴

投稿: DDR2 | 2006年4月21日 (金) 00時32分

こんばんは、Kimさん。
トランジションは全体にざらっとした感じで、それほど綺麗って感じではないです。
スジは、たぶんエジェクションポートのところが、フレームのグリップ前面と同様に切り替えて使う金型なのかもしれないですね。
気が向いたら綺麗にしてみたいです。ツルツルになるまで磨いて塗装したら、ブルーイングみたいな色ができますかねぇ。
やる気が出るより先にWAは新製品がくるのでなかなか気が向きません。

投稿: ばる | 2006年4月21日 (金) 00時50分

DDR2さん、こんばんは。
このスジは結構目立つんですよ。やる気が萎える系です。グリップ周りは握ってしまえばわからないんですが、スライドでこういったのはちょっといただけないですよ。
ウイルソンなどでは見たこと無いスジだったのでなおさらびっくりしましたよ。

投稿: ばる | 2006年4月21日 (金) 00時52分

ぱるさん、こんばんは。
私のU.S. Army にもありましたよ、このスジ。
「いつ、傷ついたんだろう?」と、思っていたら、最初からだったんですね。
あと、Kimさんのご指摘通り2つのノッチの上をまたぐように、オームが這っています。
スライドの方は青みがかっていて、フレームの色はスライドに比べると黒っぽい色なのですが、同じような色使いでしょうか?

投稿: 子連れ狼 | 2006年4月22日 (土) 17時36分

■子連れ狼さん、こんばんは。私のU.S. Army Ver.2も全く同じ色使いです。フレームの色合いは同モデルのVer.1と同様なのに対し、スライドの塗装がVer.1より薄く、結果的に「スジ」や「這い跡」が目立ってしまったと思われます。

投稿: Kim | 2006年4月22日 (土) 22時06分

子連れ狼さん、Kimさんこんにちは。
私もスジに気がついたのは買って帰ってきてオイルを落としている最中でした。それ以来気になってしまって…
皆さんのモデルでも同様のスジがあるということは、Ver2のミリタリー系モデルでは同じような事になっているんですね。

色味については私のもフレームのほうが濃い感じですね。

投稿: ばる | 2006年4月23日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/9687738

この記事へのトラックバック一覧です: WA M1911A1 Transition Model:

« タナカ ブローニングハイパワー 塗装について | トップページ | GALCO マイアミクラッシック »