« パラオーディナンス商標使用終了 | トップページ | タナカ ブローニングハイパワー 塗装について »

2006年4月19日 (水)

WA OFFICER'S 通常分解

こんばんは。
ウエスタンアームズのオフィサーズを通常分解中。

Dsc00660
リコイルスプリングガイドのバッファが赤いゴムになってる。そういやSCWのVer1のチャンバーラバーがこんな色だったりしたなと思い出したりして。
ブッシングがはずれずにバレルを先にネジりとってばらしました。
これブッシングレンチなしでどうすればよいのだ?
アウターバレルは思ったより軽いです。アルミかなと思います。

で右に移ってる余計なバレルは何かというと、初代HRTの遺品。チャンバーブロックとLRBバレルです。どうせ固定ホップなら入れ替えがVer3にできるかなぁと思って見比べてました。以前SCWのVer2に入れ替えをしてみていたのですが、ノズルとの組み合わせがイマイチなのか、そのままでは初速低下してしまいました。
その代わりといってはなんですが、初速が低い分0.2g弾ですーっとのびる弾道だったので結構気に入っていたのですが最近は使わずにノーマルに戻してます。

脱線しました。
フレームからのぞく限り、これもトリガーバーがシルバーの細いタイプ。つまりVer2以前のノーマルトリガーバーは入らない可能性が高いです。ひょっとしてマグナテック以降はみんなこのトリガーバーなのかと。手持ちのver3をばらして調べてみる必要ありかな。
そのうち暇な時に、と思ったけど初速計測のほうがしたいなぁ。

|

« パラオーディナンス商標使用終了 | トップページ | タナカ ブローニングハイパワー 塗装について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/9674569

この記事へのトラックバック一覧です: WA OFFICER'S 通常分解:

« パラオーディナンス商標使用終了 | トップページ | タナカ ブローニングハイパワー 塗装について »