« WA ナッシュコンプ 新旧 | トップページ | マルシン SIG P210-6 »

2006年5月29日 (月)

タナカ ブローニングハイパワー ライトチューンその2

よっしーさんのコメントを受けて、バラしてみて気がつきタッキさんのホームページをみてようやく合点がいきました。
テンション調整ってハンマースプリングカットでは無かったのですね。失礼しました。てっきりガバみたいにハウジングになってるスプリングだとばかり思っていました。

ちゃんと分解↓
Dsc00868
下のピンをポンチで抜いて、サムセフティをオンの状態で外してあとは上に押しだしました。アッセンブリーで外せるってなかなかシンプルで良いですね。
でハンマースプリングのところストラットについてるスクリューをくるくるっとゆるめました。
組み込みがちょっとパズルみたいだったのでちょいと時間がかかりましたが。

無事組立完了です。
Dsc00869
試射も数発行いました。うんばっちりっす。
ハンマーのコックが明らかにゆるめになったのでブローバックもさらにスピードアップ!
…かな?
バルブをたたく力は弱くなっているはずなら弾速は落ちるのかな?

でもノーマルよりは元気な気がします。
ノーマルと比べたい…
もうひとつミリタリーでも買ってくる?だめだめ無駄遣いでしょう、それは。

|

« WA ナッシュコンプ 新旧 | トップページ | マルシン SIG P210-6 »

コメント

先日、私もハイパワーMK3シルバー購入しました。んで、グリップをホーグ、各パーツをM1935の黒のものに変更(ハンマー、セフティがシルバーなんでなんか半端・・・)したんですが・・これがなかなかイイんですよ!今までHWシルバーは敬遠してたんですけど、なかなか不思議な魅力がある銃だと思います。みなさんにもオススメ!(ただしガス漏れ注意。。)

投稿: 454 | 2006年7月 4日 (火) 20時26分

454さん、こんばんは。
タナカハイパワーは不思議に魅力ありですよね。各パーツを黒にすると全体に印象がよくなりそうで、一度見てみたいです。
ところでハンマーやセフティがシルバーって、1935のはそのままだと着かなかったりするんですか?
構造的には変わりないもので着くのだとばかり思っていました。
ホントお奨め(おっとタナカのガスブロがどんなもんかわかっていないと厳しいすか)したいです。

投稿: ばる | 2006年7月 4日 (火) 22時22分

ハンマーやセフティも付きますよ!ただ1935はハンマーがリングハンマーでセフティがアンビじゃないのです。この2点のパーツはタナカにパーツ注文したいと思ってます。実銃画像を検索してみると、デュアルトーンでメダリオン無しのパックマイヤー付きのハイパワーがやたらと出るのでスライドを黒塗装しようかなーとかも考えています。あと、役に立つかは謎ですが旧型のハイパワーはマガジンキャッチのツメの形状が異なるみたいで現行品に旧マガジンを入れてもスルッと抜けちゃいます。(旧マガジンキャッチ、現行マグだと抜けにくくなる。)去年再販されたミリタリーHWは改修されてて、MK3と共用OKでした。

投稿: 454 | 2006年7月 5日 (水) 11時30分

454さん、こんばんは。
なるほどそう言うことですね。MK3のブラックが手に入れば一発解決になりそうですね、デュアルトーン。
マグキャッチの件は初耳でした。ためになる情報ありがとうございました。
たぶん旧型を入手できることは無いと思いますが、もしもの時は気をつけます。

投稿: ばる | 2006年7月 6日 (木) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/10299303

この記事へのトラックバック一覧です: タナカ ブローニングハイパワー ライトチューンその2:

« WA ナッシュコンプ 新旧 | トップページ | マルシン SIG P210-6 »