« KSC M1911A1 | トップページ | KSC M1911A1 ウッドグリップ »

2006年5月17日 (水)

KSC VS WA 1911A1対決

これから写真を並べます。通常分解でKSC M1911A1 とWA M1911A1トランジション を並べて撮影した画像です。全体にKSCは細身なのがわかります。
重さはHWのウエスタンアームズが重いのは当たり前ですが、フルABSのGINDEDと比べるとKSCのほうが重い?かもしれないなぁと感じてます。

さてでは比較画像をご覧ください。
Dsc00826
ここから全部左がKSC、右がWAです。
フレーム上から。

Dsc00833
フレーム横から

Dsc00827
スライド上から

Dsc00831
スライド下から

Dsc00832
スライド横から

Dsc00830
リコイルスプリングなどなど

結構違うけど混ぜたらパーツ間違えそう。はやいとこ組み立てしましょう。
KSC良くできていますよ、これで1万3千円でした。

|

« KSC M1911A1 | トップページ | KSC M1911A1 ウッドグリップ »

コメント

ばる様
最悪なことになってしまいました(笑)
本日ガバとライトが届いたんですが、スライドストップがかからないんです・゚・(ノД`)・゚・
手で引いた時はなんとか
http://custom00.cocolog-nifty.com/photos/gun/nocchi.jpg
のように半分くらいかかるんですが、実際ブローバックさせるとまったくかかりません…。

原因とかお分かりでしょうか?

しかもライトの配線がすぐに切れてしまいました(笑)
手元で操作不能になってしまいました…

ひさびさに痛い買物になってしまいました(^^;)

投稿: モンテス | 2006年5月17日 (水) 23時25分

モンテスさん、ノッチまくれちゃいましたね。あいたた。
手動でちゃんとかかるまで、ブローバックではストップさせないほうがよいです。

私よりトラブルシューティングはタッキさんのところで詳しいと思いますがまずは。

通常分解してください。
スライドストップの軸が2重構造なんですがストレス無くくるくる回りますか。

それからマガジンのスライドストップを押し上げるフォロア。しっかり出っ張ってますか、スプリングの力で出っ張ったり引っ込んだりするので動きがスムーズかどうか。

それからマガジンのフォロアを押し上げるスプリング自体はどうでしょう。テンション結構かかってますか。

それとプランジャーがきつい可能性があります。サムセフティを外してプランジャースプリングなどを全部取っ払って、組み直してマガジンをさしてスライドストップをかけてみましょう。ちゃんとあがりますか?

あやしいのはこの辺が主体だと思います。

投稿: ばる | 2006年5月17日 (水) 23時50分

ブローバックではかからなくなっちゃいました(笑)
最初はかかってたんですが、フラッシュライト用の軸の長いスライドストップがあるんですがそれが上まであがってくれないんです(^^;)
最初はブランジャーとの接触部分が純正と比べて斜めになっていなかったため削って斜めにしたんですがどうもそれだけが原因じゃないみたいです。
純正のなら手でスライドを引けば完璧上まであがりますからね…
アドバイスありがとうございます!あまり分解とか出来ないですが、もうすこし試してみます♪

投稿: モンテス | 2006年5月18日 (木) 00時21分

モンテスさん、そうですか社外のスライドストップですよね。
軸が二重になっていないなら動きが渋いのかもしれませんね。軸の研磨とかしてツルツルにすると動きが良くなるかもしれないです。
頑張ってください。

投稿: ばる | 2006年5月18日 (木) 00時39分

どうやら純正のスライドストップでもかからなかったみたいです(^^;)初期不良ということでWAに問い合わせたら交換か修理を無償でしてくれるようなのでほっとしています。
ライト用のスライドストップはプランジャーとの接触がかなりきつかったみたいなので削ると少しましになりました。削りすぎてたまにマガジン入れてないのにスライドストップがかかったりしますが(笑)

スライドストップの軸の太さなどは動作に影響しますでしょうか?純正のようにストップ自体はくるくる回りはするのですが、軸が太いのか差し込む時に少しきつい状態ではあります。影響があるなら削って細くしたいと思います♪

投稿: モンテス | 2006年5月19日 (金) 18時47分

モンテスさん、こんばんは。ウエスタンアームズで無償交換してもらえるなら良かったですね。
WAさんはそういった対応は結構丁寧な印象を私は持っていますので、しっかり交換対応してくれるのではないかと思います。
ライト用のスライドストップ、もし組んでから軸の動きが渋いようであれば動きが良くなるようにチャンバー部の穴を軽くヤスリを当てて余裕を持たせるとかしたほうが良いかもしれませんね。ただどうなるかわからないので、ちょっとずつ実験されるのをお奨めします。
空マガジン挿入状態で手動でスライドを引いてスライドストップが十分あがらないうちはその状態でストップをブローバックでかけないよう注意してください。

投稿: ばる | 2006年5月20日 (土) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/10118494

この記事へのトラックバック一覧です: KSC VS WA 1911A1対決:

« KSC M1911A1 | トップページ | KSC M1911A1 ウッドグリップ »