« KSC M1911A1 ウッドグリップ | トップページ | 予備ブログ確保 »

2006年5月19日 (金)

ウッドグリップ検索

先ほどからタナカSIG229のウッドグリップと、同じくタナカブローニングハイパワーのウッドグリップを検索してみてました。
googleさんで検索していたのですが、タナカ229用は無いですね。
全然検索に引っかからない。

不人気機種??

ひょっとして。

ブローニングハイパワーはキムアーレンズがバックアップさんキャロムにもココボロがありますね。

これはブローニング用は見かけたらキャロムの買っておこうかな。

ガバ用と違って探すの手間ですね。

ちょっとくやしいな。

229はGUN誌2006年5月号21ページのこの写真のようなのが欲しいんです。
Dsc00838

グリップさえあれば、削って丸めて塗装して…

うーん、ウッドグリッププリーズ。

|

« KSC M1911A1 ウッドグリップ | トップページ | 予備ブログ確保 »

コメント

はじめまして、2501と申します。
わたしも229の木グリを捜し求めていますです。
以前売っていたタナカ純正の226用木グリを
加工して着けられないかと思ったのですが
内側の加工、厚みなどはピッタシなのですが
如何せん長さが・・・・・
カットして下方のネジ穴を新たに作れば着くのですが
ちょうどカットする位置に元々のネジ穴がかかってしまいます。
パテで埋めても変なのであきらめました。

という全く「役に立たない情報」でした。
ブログ汚し平にご容赦を!

投稿: 2501 | 2006年5月19日 (金) 18時11分

ハイパワーの木グリは上野のマルゴーにもマルゴーオリジナルがあります。

http://www.malugo.com/index.htm

キャロムのものよりも木目が綺麗に出ていて、色合いも明暗のある美しいものです。
覗いてみてください。
ちなみに、支店はシュアーファイアーの代理店であり、恐ろしいほどの品揃えを誇っております。
ファーストよりは安くないですが・・・・。

貴ブログの画像は SIGのカタログでしょうか。
その木グリはアルタモント製です。
錦糸町のジョークショップが輸入を検討していますが、おそらくP229用ではなくP226かP220用のものを検討しているようです。
私はP229用を嘆願していますが、望み薄でしょう。
もしも、サンプル品扱いで輸入することになりましたら、バルさんの分も頼んでみましょうか?
しかし、あくまで望みはかなり薄いですが・・・。
それにしても、いいですねえこのグリップ。

投稿: だいじそ | 2006年5月19日 (金) 22時37分

2501さん。はじめまして、ばるといいます。よろしくお願いします。
やはり229のグリップは無いのですねぇ。以前226のグリップですらホーグのラバーを削り損なっておじゃんにしてしまった私には、複雑な加工は避けて通りたいです。
しかもねじ穴がかぶってしまうのでは短縮も難しいですね。

と思ったらだいじそさんがすてきなお話を…
ひょっとするとみんなでお願いすれば…

投稿: ばる | 2006年5月20日 (土) 00時12分

だいじそさん、情報ありがとうございます。早速マルゴーのサイトは見てみました。ありますねぇ、オリジナルココボロ。
SUREFIREがあるなら是非よってみようかと思います。ランプが切れちゃったのでスペアランプアッセンが欲しかったのです。

画像は月刊GUN5月号です。
ショットショーの特集で見開きでSIGばかりX-FIVEとか220SAO(シングルアクションオンリー)とか色々でてました。

ウッドグリップ、入手できるものなら入手したいです。だいじそさんジョークショップにもいかれるのですね。しかも頼み込めるなんて常連っぽい…でももし頼まれるなら望みうすとの事ですが是非お願いしたいところでございます。

投稿: ばる | 2006年5月20日 (土) 00時22分

しかと承りました。
実は常連でして。
ジョークショップはアルタモントの商社的な一面を持っております。
期待せずにお待ち下さいw

マルゴーもよく行きます。
本店のガンショップの帰りにでも支店に寄ってみてください。
この支店の店員の髭のおにいさんのシュアー・ファイアー・レクチャーはちょっとビビるほど博識で、大変に勉強になります。
彼の自信に満ちたシュアーを含むライト・レクチャーを是非ご堪能ください。
ついでにカタログなどももらってください。
店中ライトだらけの有様に仰天確実。
CR123電池も格安だったりします(これは大助かり)。
本店は思わぬ掘り出しGUNがありますので目を皿にしちゃってくださいね。

投稿: だいじそ | 2006年5月20日 (土) 01時04分

だいじそさん、ありがとうございます。
お手数ですがよろしくお願いします。

マルゴーも楽しみです。上野は最近ご無沙汰なので(大昔にMGCにいったことがあるぐらい)久しぶりです。

通勤時の沿線なので癖になったらどうしよう(笑)

投稿: ばる | 2006年5月20日 (土) 02時11分

途中報告です。
現在、ジョークショップでは、本記事の画像にあるアルタモントのSIG-P226用木製グリップの試験的輸入を検討中です(色はブラックが濃厚)。
あくまでテスト輸入であります。
というのも、タナカに合わせるには、高い確率でグリップ裏面の加工が必要となるようで、その加工は専門業者に依頼する手筈であり、まずは試験的に輸入したサンプルを加工業者に見せて、量産的加工が可能であるか判断を依頼しなくてはならないのだそうです。
つまり加工業者側が、「こりゃあかん、やっとれんわい」と言えば、そこでこの話はボツになります。
もしも、「こりゃいけますわ」となれば、本格的に正式輸入の運びとなります。
懸案のP229のほうですが、今現在は上記の理由によりなんともいえない状態だそうで、明確なコメントは得られませんでした。
しかし、今後、テスト結果を踏まえ、追跡調査してゆきたいと思います。
余談ですが、ジョーク側としては、SIG用のグリップが、売れ線のガバ用のグリップと同等、もしくは近い売り上げをもたらすのか、という商業的不安もある、とのことでした。
私はそのコメントに対して「ガバの次に人気があるのはSIGです!」とプッシュはしておきましたが・・・・。
さてさてどうなることやら・・・・・。
なにやら雲行きが妖しいので、期待はしないほうがいいようです。
では、この辺で。

投稿: だいじそ | 2006年5月24日 (水) 00時43分

だいじそさん、途中経過のお知らせありがとうございました。
そうなんですよねぇ、私も以前ホーグのラバーグリップをタナカ226に会わせようとあちこち削って失敗した覚えがあります。たしかメインスプリングを受ける押さえの部分の位置がだいぶ異なっていたと覚えていますが。
グリップがバカスカ売れるかっつーと難しい所なんでしょうね。ガバは売れ線ですから平気なんでしょうけれども、その他のモデルとなると危ないですよねぇ。
でもSIG用が全くないのは寂しいですから業者さんやジョークさんにも頑張って欲しいものですね。
どうもありがとうございました。

投稿: ばる | 2006年5月24日 (水) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108477/10134315

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドグリップ検索:

« KSC M1911A1 ウッドグリップ | トップページ | 予備ブログ確保 »