« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

マルイ ガバメント グリップ

だいじそさんが教えてくれたとおり、ポン付けいけました、アルタモントグリップ。
やっぱウッドグリップがいいやですが、色味が迷いますねぇ。
今回とりあえずで手持ちの赤っぽい奴なんですが、ウォールナットの方が似合うかも。
Dsc00947

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

マルイ ガバメント グリップ

いままでWAガバにはくっつかなかったホーグのフィンガーチャンネルつきラバーグリップがすんなりとマルイガバにはつきました。

マルイガバは寸法的に薄めなんだと思われます。グリップも色々選びたいところですね。

Dsc00946
ところでこうなった場合、写真のノーマルグリップを見ればわかるとおり、メタルグリップにプラの一枚皮をかぶせた感じのグリップで重量を稼いでいたのでやたら軽い、気分はエアコキガバ。微妙にブローバックガバのが重いですけど。
グリップにウエイトをインサートできるタイプのもののほうが良いかもしれんです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マルイ ガバメント フィールドストリップ アンド…

バラし方は、慣れ親しんだガバ通りの手順でフィールドストリップできます。
でバラした結果パーツ類は、おやおや。

Dsc00943
普通でしょ、ブッシングに変なぽっちがあるのとプラグにバレルガイドらしき突起があるのがわかるぐらい。バレル部分などはまんまハイキャパっぽい感じです。
マガジンのリップなどもハイキャパぽいですね。

Dsc00944
スライド部分のアップ。シリンダーなどもハイキャパのにおいがします。
これは結構パーツ流用チューンをされる方が続出するのでは。

それと気になるレールおよびスライドストップ部分に関してですが、なかなかに複雑な構造っぽい。

さてと最後にこんなんしてみました。

Dsc00945
レール部分の影響かあまりしっかり装着できた感じがないので、当面マネしないでくださいね。昨日の記事に出ていた4.3ハイキャパですよ。
ちゃんと載りました。

不安ですがとりあえず10発ほど試射したところ動いちゃいましたよ。
ただホールドオープンしたときにスライドが傾いているかも。レールの構造が違うところがこんな部分にでてくるのかも。
なのでノッチ欠けの危険性はあるかもです。

でもびっくりした、動いちゃうものですね。マガジンのバルブも流用できそうに見えますし、いじくりたい人は早速あれこれ考えるのもいいかもです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マルイ ガバメント

買ってきました。

外装、結構渋めで良い感じに仕上がってます。
とりあえず撮影してみたので、画像アップします。

Dsc00940
Dsc00941

刻印もキレーに入ってますし、これはいいですね。個人的に外装面ではKSCガバやWAテックガバよりできが良いのじゃないかと思ったりしているところです。

ハイグリップ加工やフロントサイトなどは、まあその方が使いやすいって事で…
モデルガン的に再現性の細かなところまで云々しなければガバらしい雰囲気ってやつが十分にでているんじゃないかと。
よい佇まいですよぉ。

室内での試射ではさすがにマルイ製品、ねらったところにパンパン穴が開きます。
ブローバックはハイキャパ同等かな。でも発射時の音は多少静かに思いますよ。
どこが違うのかな。

正直合格です。さて次の記事で皆さん気になるあれを…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

いよいよ月末になりました

Dsc00939

いよいよ月末、お待ちかねのマルイガバメントが発売予定ですね。
明日は寄り道して帰宅しましょう(笑)

昨夜と言うより今朝がたですが、ゲームのやり過ぎで眠れなくなってしまって、ハイキャパのグリップをぐりぐりと削ってました(アホです)。
チェッカリングの角やグリップのエッジ部分を削ったので、まだ痕が残ってます。
もうちょっと紙ヤスリで綺麗にしようかな。
マルイのガバもこうやって好き勝手にいじれる期待が大きいですね。

今月のGUN誌には、分解された写真もかなり出ていました。内部シャシーがハイキャパの用に横側を外す形でハンマーやらシアーやらを取り外せる構造のようです。
通常分解以上はちょっとめんどくさいかもなぁと思いつつ読んでいました。

グリップ内部にもエアコキガバのようなどでかいウエイトが入っているみたいです。
ウッドグリップにしたらだいぶ軽く感じてしまうかもしれませんね。

うまくいけば、明日はファーストインプレッションです!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

WA BOBCHOW SPCIAL

早く試作品でも見てみたいですね。Ver1.5…。

ブルーカラーに塗られたボブチャウかぁ、予約しようかなぁなどと思いつつ、冷静にブルー塗装の1911と並べて想像力を通常の1.5倍に増幅中。

Dsc00938
あんまり想像がつかないですね。ブルーイングと塗装だとだいぶ質感が違いますしね。

んで、ちょっと欲望を少し。いや架空モデルで実在しないのはわかりますが、CDPコンパクトを去年出さなかった×として、少数限定ボブチャウコンパクトスペシャルを出してくださいな。なんて想像を今度はオフィサーズを並べて妄想中。
Dsc00936
案外格好いいんでないのかな?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

ジャンク箱から…

えーと、タナカのSIG226用に買ってきて、装着のために加工中に断念したホーグラバーグリップをあさってきました。

M226g
いや、マルイのSIG-P226に着けてみようかと、意気揚々とグリップをあけるところだったんですよ。
あけてびっくり。
写真を撮る気も失せた。
また全然構造が違うのでグリップをやはりだいぶ削らないとだめのようです。
ふにゃ、このグリップはもはや行き場無しなのか。
KSC226が登場したら解決するのだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

スローペース更新中

木曜、金曜と風邪でちょっと寝込み気味だったので、ようやく本日更新です。

え、ネタ切れダロって。それもあったりしますが、ドハマリゲームのせいもあって、ブログを書き込む時間が取れるやらどうやら。

でKSCネタを二つ

1つめはCZ75シルバーなんですが、店頭で見て結局買いませんでしたよ。
なんというか、シルバーの色味が白っぽいマットな感じなんですよね。
結局眺めていて、最終的な欲しいぃって衝動が出てこなかったので見送りました。
まぁそのうち欲しくなって買うかもしれませんが、WAボブチャウ1.5とかも出てくるわけですし。当分様子見です。

2つめは、山梨のKSC本社ですが友人Yが先日訪れたそうです。ショールームもばっちりとできあがり一度は行った方が良いよと言われました。
本社でならWEBに出ている会員限定スペシャルモデルも手に入るので、気になる方は是非是非。
きっと友人YはM945の限定スペシャルを手に入れたに違いない。
でも見せびらかし画像すら写メールしてこないな。

そんなわけで、体調回復中のばるでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

WA DETECTIVE SPECIAL Ver3 試射(BlogPet)

ばるは
今回のナッシュガバのWAでSCWREMIX企画モデルは二丁手元に揃ったことにな.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「きんばぁ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

WA ホームページ更新

オカヤドカリさんがコメントで教えてくださって、あわてて見てきましたよ。

ボブチャウ1.5って何かと思いました。
ボブチャウスペシャルを追加変更したモデルですね。以前に写真をアップした状態に近いものですが、グリップセフティ、トリガー、ハウジングなどが変更されています。
このあたりはオリジナルの改良どおりですが、さらに塗装まで変更ですよ。
まあ、私などがそうですがボブチャウはすでに持っていますので、現物を見るまでは保留にしますが、なんか見たとたんにこれくださいっていいそうで危ないです。

それとSIG/GSRがSCWで登場です。んが、マグナテックカスタムのCQBやオフィサーのようにスライドだけHWですね。このあたりは皆さんがどう思われるか微妙ですね。
それでもSIGは待ったかいがあるかもしれません。なんせHWになったわけですからね。
これも見て仕上げが綺麗だったら買ってしまいそうです。

マルイガバ登場前にとどめのパンチをWAからお見舞いされたようです。
HW製での製造にもめどがついたということでしょうか。
だとすれば今後も登場するであろうガバメントファミリーにも目が離せませんね。

あれっ、そういえばウイルソンSGの5インチブラックはどこいった?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

ガバメント対決待ち中

Dsc00935

マルイガスブローバックガバメント待ち中。左上KSCガバ、左下Jガバ、右上WAオフィサー、右下マルイエアコキガバ。
月末とわかったので、焦ってはいないのですが、対決させようとKSCから始まってすでにもうだいぶ待ってる感じ。
せっかく他の機種がノーマルのまま待ちかまえているのですから、これ以上発売延期とかにならないことを祈っております。

それに良くないニュースです。今日発売の週刊アスキーに私が以前ドハマリしてしまったゲーム「Civilization」の続編として4の日本語版のコマーシャルが出てたですよ。早くしないと引きこもりゲーマーになってしまいます。危険信号中です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

SCW 2006 REMIX

今回のナッシュガバの購入でSCW REMIX企画モデルは二丁手元に揃ったことになります。
で、今回は箱も含めて写真にしてみました。
外箱が段ボール丸出しなんですよ。
何で今までの黒箱じゃないんでしょうね。
TSGのピカピカ黒箱が良かったかななんて思いますです。

Dsc0093401

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

発掘シリーズ?

えと、見つけました。押し入れの奥に埋まっていたマルシンM29の6インチです。
ちょっと汚れていたので、シリコンオイルで表面をごしごし。

でもバレルがだいぶ傷んでる。たぶん実射しない方が無難。
ガスも入れてみてないです。

M296in
懐かしいですね、このころのリボルバーなので性能は?ですが、なかなか男前な外観です。カートリッジはプラスチックのものが付属していて(ちゃんと箱の中にありました)普通はそれを使うのですが、重さを重くするために真鍮のメタルカートリッジがあって、それがシリンダーには入ってました。
なので重量感はそこそこ良いです。
これをメンテして撃てるようにするまで持って行くのは大変そうなので、もう一度押し入れに眠ることになるでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

WA DETECTIVE SPECIAL Ver3 試射

ちょっとばかり、ナッシュガバを実射しました。

0617detictive

まずは通常分解、というかスライドとフレームをさっとばらして、可動部などにシリコンスプレーをブッシューっと。
ガスをたっぷりマガジンにいれて、庭に向けてバッシバシ

非公式計測という感じで記録をとってはいませんが初速も見ながら撃ってました。なかなか良い結果でしたよ。10発が80~82m/sって感じです。この夕方の時間なのでクルマの外気温度計では24度とかでした。

弾道も素直なもので、15m~20m先まですーっとまっすぐ0.2gのエクセルバイオが飛んでいきました。結構ねらったところにいく気がします。あたり個体かな?

撃っていて思ったのは、Ver1と違って金属音があまりしないです。コンプと当たる音なのかVer1ではスライド閉鎖時にジャキーンという感じの音がするのですが、Ver3では感じないですね。

それでもやはり「お気に入り」になりそうです。

スライドとコンプの色違いが少し気になるので塗装でもしようかななんて思いますが、いつになることやら。アンビもショートレールあたりからキングスタイプかっぱらったりハンマーを取り替えたりも良いかもしれませんね。少しだけドレスアップしたくなってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着せ替えいろいろ

調子にのった着せ替え記事第2弾。
これもMIL-SPECといえば、そう言える?

Dsc0093201
オールシルバーのMIL-SPEC?

これはベースは何かといえば、って元も着せ替えだからわけがわかりませんが、引っ張り出されたガバ達。

Dsc0093301
オールシルバーでアンビやビーバーがついてノーマルサイトって格好いいかも。
そのうち何がオリジナルだかわからなくなりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

J-Armory SPRINGFIELD MIL-SPEC フレーム着せ替え

こんばんは。
一応、J-ARMORYはその他扱いでカテゴリKSC、マルゼンほかに入れております。
ご了承ください。だってWA扱いにすると、いっぱいすぎて埋もれちゃいますから。

で今日は、スプリングフィールド本家のサイトをよく見て、そういえばフレームって角張ったタイプのものだったよなぁと思いまして、こんなことをしてみました。

Dsc0093101
お気楽な単なるスライド載せ替え。
お相手はWA MEU LIMITEDエディションだったりします。
最近ではこんなことをして遊ばれていたフレームです。

まあMEUのまんまなので、スリホールトリガーやらキングスアンビやら付いてますから、本家サイトのオリジナルのままとは異なりますが、イメージはこうなんですよね。
ちなみに何の違和感もなく載せ替えできたので、たぶん実射しても大丈夫と思いますよ。
ガス入れての空撃ちではバシバシ動いてます。

それと組み替えしていて思ったのはJ-ARMORYはリコイルスプリングがWAより少し強めなんではないかと。個体差かもしれませんがスライド引いたときの感じや戻る速度が微妙に違う気がします。スライドABSだからかな?

J-ARMORYもパーツが色々出てきているようですので、そろそろ何か考えたいですね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

WA ナッシュコンプ 直接対決 Ver1 vs Ver3 その2

オンライン会議で遅くなってしまいました。今日はこの記事を書きたかったんですよね。
前回も少し触れましたが、ちょいとおデブな感じのVer3ナッシュガバ。
スライド正面からの写真をアップしたかったのです。

Dsc0092901

左側がVer3で右側がVer1です。セレーションのせいで目の錯覚かもしれませんが、ちょっと太めに見えませんか?
こんなところも雰囲気の違いにつながっているんだと思います。

それからスライドトップの形状の違いをどのように写真に撮ろうか考えてコンプの銃口側アップを撮ってみました。

Dsc0093001
左右入れ違っちゃった。えーと左側Ver1で、右側Ver3です。オイル汚れかと思ったらVer3コンプは何か痕になってます。ちょっとがっくり…
亜鉛のコンプは重さがかなりあるのか、重心がかなり前よりになります。

それから、私好みのメッキフレーム+ボーマー大集合と言うことで、こんな写真も。

Dsc0092801

この写真でわかるかなぁ。ウイルソンスーパーグレードのフレームとナッシュガバのフレーム実は違うものなんですよね。刻印も微妙に違うのですが、ハイグリップ加工の有無が最大の相違点だったりします。これはびっくりしました。てっきり同じかと思っていたのですが。

こういう微妙な違いで買っちゃうからガバ馬鹿なんでしょうね。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

すみません、ちょっと感動してます

いや、興味本位でサイバーショットR1のRaw撮影をしてみました。JPEGでとるよりサイズはバカでかいけど(1枚20MBありましたよ)あとから現像ってこんなに明るさとか帰られるんですね。ちょっとびっくりです。
こんなことして遊んでいたら睡眠時間がたりないや。

Dsc0092701
なんかあとからいろんな事ができそうですね。ソフトの勉強もしなきゃなぁっと思わされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

WA ナッシュコンプ 直接対決 Ver1 vs Ver3

とにかく写真画像をどうぞ。

Dsc00924
Dsc00925
Ver1は私の好みでパーツ交換がされてます。スリーホールトリガーや、ワイドアンビ、シルバーラミネートのキムアレンズなどがそれです。

表面仕上げがだいぶ違うのは写真でおわかりかと思います。メッキはシルバーのつや消しになってますし、ブラックの塗装具合もスライドとコンペンセイターで色味が少し異なるのでそれぞれ入れ替えたらちょうど良いかなぁと言う感じです。

さらにスライドをじっと眺めて気がついたのは、Ver1は刻印は80ですがウイルソンのスライドなのではないかと、Ver3ではコルトスライドベースになったのようですよ。

実はVer3スライドはVer1スライドよりおデブさんなスライドでした。ちょっとびっくりです。

値段相応かどうかは個人の価値判断になると思いますが、私はVer1には無い魅力をVer3に感じました。偶然かもしれませんが、一個目の箱で不満な傷などもなかったのでひょっとして仕上げもだいぶ向上しているのかもしれません。

以上比較レポートでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

WA DETECTIVE SPECIAL Ver3

昨晩の呆然としてしまうW杯の日本戦。正直未だにショックだったりします。
えーと気持ちを高めるために渋谷店にいってナッシュコンプVer3リミックスを見てきました。

正直、広告だけ見て判断してすまんかっただったです。
最終的にバージョンアップの判断を下しました。
だってマルイ出そうにないし。

Dsc00921
まず、広告と違いコンペンセイターとスライドの段差はほとんど目立ちません。
スライドは縦セレーションが綺麗にはいってます。
スライドトップは何ら加工無し。でもこれがVer1との違いでピンときました。

Dsc00922
フレーム部も、ビーバーテイルはMEUアーリーのものですね、たぶん。トリガーはTLE/RL2のODバージョンに使われていたロングトリガーにストップスクリューのみ付いているもの。
メインスプリングハウジングはTSGのチェッカーの細かい面一のもの。フレームにラインがぴったりでしょ。

いやホントに、これはこれでありです。全然OK。気に入りました。
同じ銃を二丁もどうするのって、言われそうですが考えなさすぎです。
すべてジーコジャパンに責任を押しつけておきましょう。

新旧比較。Ver1対Ver3は別途記事を作ります。
しばしお待ちを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

WAベース myカスタムガバ メルトダウン風味

タカカスタムじゃなく、ワイルドホークにMEUのフレームを与えてアンビ仕様のタカカスタムにしかもフレームシルバーにして楽しんでいたのですが、その逆の組み合わせをどうしようかと。

シリーズ80のフレームにMEUのスライド、むーっと悩んで「なんちゃってボブチャウ」を目指すことにしたわけです。

Dsc00917

Dsc00918
とまあ、こんな感じになってます。今はボブチャウとメインスプリングハウジングを取り替えっこしてしまったり、ハンマーがステンレスになっていたりとちょっとずつバージョンアップ(ダウン)しながらいじくってます。

Dsc00920
本家と並べてみるとこんな感じです。
メルトダウン具合は良い勝負かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

マルイ ナイツSR16

たまにはナガモノも。
このSR16は私の電動ガン2号機です。βスペツナズの実戦投入後、電動ガンも面白くなってしまい、そのうちスコープを載せるんだと決めて買ってしまったものです。

Dsc00916
外観はそんなに変に弄ってません。ショートアウターでサイレンサーをつけたり、背骨補強のレールを載せたりです。
内部は120SPやらなんやらで、インナーバレルもTNだったかな。
おもしろがってグリップを買えたりとかしていたのですが、ゆるんでしまってギアをなめたのでグリップはノーマルが一番と最近では思っています。

Dsc00911
機関部アップ。このナイツマークがね、このSR16の決め手だったりするわけです。
あちこち傷だらけですが幸いこのマーク周辺は未だに大きな傷はありません。
M4系は使いやすいし、パーツもいっぱいあるしで使ってよし、弄ってよし、かっこよしで三拍子揃ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J-Armory SPRINGFIELD MIL-SPEC(BlogPet)

ほんとうは、ばるは
WAのウイルソンコンバットスーパーグレード久々のレースガンなわけですが、ブログペット.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「きんばぁ」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マイナーチェンジ

ブログツールを追加したこともあり、トップ画像をKSCストライクガンにしてみました。
元祖トゲトゲ、喧嘩銃(笑)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タナカ コルトパイソン 3インチ

先日、某店頭で見かけて以来ずっと気になっていて、まあ手にいれてしまったわけです。
新品ではありましたが、再生産されたというお話も聞いていないのでひょっとしてデッドストック?

というわけでタナカ、ペガサスリボルバー第2弾、コルトパイソンの3インチモデル、またの名をコンバットパイソンです。

が、やはりデッドストックだったのでしょう。シリンダーの色、リアサイトの色などが退色し始めています。またABSモデルなのでパーティングラインもくっきりです。
あまりキレーでは無いので写真は一枚だけ。

んでなぜ買ったかといいますと、ガンブルーカラーの綺麗なパイソンが欲しくて塗装でもしようかなぁと思ってしまったのですね。そんなわけで原材料を入手したというくらいの気持ちなのですねぇ。ぴかぴかにしてやるぞ、そのうちにね。

Dsc00909
で、ぴかぴかになった時用にと思ってキャロムのグリップを買ってみたんだけどなんか違うんですよ。ちょっとイメージと違ったのかな?
結構綺麗なグリップだと思ったんだけど違和感が出ています。
ま、この辺も仕上げながら考えていこうかなぁと思ってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

ブログペット貼り付け

はーぼっとの「こると」君の他に、ブログペットの「きんばぁ」君を導入してみました。
さて、このペットは何ができるんだか。
そんなに処理が重くなることはないと思うのですが、アカンよーなら削除してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

J-Armory SPRINGFIELD MIL-SPEC

グリップをピアースのラバーにしてみました。
やはりブラックが似合うのかな。

Dsc00907
このラバーグリップ、中間部分がくびれていて非常に握りやすいラバーグリップです。

Dsc00908
こんな感じです。
なかなかよいラバーグリップですよ。
お奨めです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

レース用ホルスター

WAのウイルソンコンバットスーパーグレード
久々のレースガンなわけですが、こいつが納まるべきホルスターが待っていたのでした。

Dsc00904
今からするとちょっと旧いオールドスタイルになってしまうのでしょうけど、革製のレース用ホルスターです。でどこがレース用なのってとこですが。

Dsc00905
こんな感じでフロント部分がざっくりと開いています。ちょっと上に持ち上げるだけでするっと前に向けられるのですよ。
今はサファリとかプラスチックでできたほんとに引っかけるだけで保持するタイプが主流ですが昔はこんな感じでした。

Dsc00906
ここにメーカー刻印が…。そうです。MGC純正のホルスターでした。当時はガスブローバックなんてまだどこにも無かった固定ガスの時代。ウイルソンLEのコンペンセイターがついたやつをこれに入れてました。
当時の固定ガスのモデルはあちこち汚れて欠品しているパーツもありますが、押し入れの奥で生きているはず。そのうち引っ張り出しましょうかね。生きてるマガジンがあるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはありかもっと

KSCのホームページにCZのシルバーモデルがファースト、セカンドともに出てるんですが、CZ75はMGC時代以来フレームが薄すぎてすぐ割れてしまうので避けて通っていたのですが…

これかっこいいなぁ。ほしいかも。16日発売予定らしいです。来週の金曜ですね。これ見たら買っちゃうんだろうなぁ。やばい。マルイさん、はやくガバメント出さないとガバウォーズに出遅れた上にみんな予算がよそにいっちゃいますよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

マルシン SIG P210-6

前回写真がイマイチだったマルシンのシグP210の写真を撮り直して見ました。
結構雰囲気はいい感じなんですよね。このシグ君は。
バラしてブルー仕様に塗装しちゃうのもかっこいいかもなぁ。

Dsc00900
雛アラレみたいな大きなBB弾、8ミリ弾は2つ付属してます。0.34gと0.27gでお店の人曰くSIGからは0.27gの軽めのほうがマッチングが良いはずだと言ってました。

Dsc00901

JAのミルスペックを買ってからはあちらばかり弄ってしまっていますが、こいつも捨てがたいなぁ。ライトチューンのためにバラしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WA ロングマガジンについて

Dsc00898

今回はのっけから画像ですが、ロングマガジンについてです。
ウイルソンコンバットスーパーグレードに付属のロングマガジンなんですが、案外傷だらけでちょっとショボンとする仕上がりでした。

で以前より持っているロングマガジンと比べていたのですが、銀色の色味が違うのでした。シルバーの明るさが暗めの左側が以前購入したもの、右側がSGに付属のものです。

ひょっとして傷だらけなのは塗装が明るくて傷が目立っているのかなぁと思ったりしたのです。値段の高いマガジンなんですからもう少し綺麗にして欲しいものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

WA WilsonCombat Super Grade

J-Armoryと同時に購入したウエスタンアームズ、ウイルソンスーパーグレードです。

ほんとはですね、やはり低価格ガバ戦争の本家としてWAのマグナテックガバもちゃんと手を出しておこうと思っていたのですよ。ですがJ-Armoryが まったくのテック(中はSCW寄り?)であるとおもうとどうしてもテックガバを買う気にならず、そのままMIL-SPECだけにしようかなぁと考えが変 わっていたのです。

ところがショーケースにウイルソンが並んでいたんですよ。上下ABS、メッキフレーム、コンペンセイター、ボーマーサイトとフル装備ですよ。しかもスライドもフレームもかなり綺麗な仕上げ。グラグラグラっときちゃいました。

さてそれでは画像です。

Dsc00893_1
あっとグリップはプラ製の木目調だったのですが、CQBに装着されてたラバー仕上げに取り替えてみました。ちょっとだけ現代風に見えますよ。

Dsc008932
コンペンセイター部分を切り出してアップ画像にしてみました。ちょっとだけスライドの綺麗さと比べると傷というか研磨痕というかがあります。写真でわかるでしょうか?

Dsc00894
さらにロングマガジンも結構傷が多かったです。

Dsc008942
久々のウイルソン筆記体刻印ですよ。
ってこのタイプ一丁ももってないか。
あとフレーム側にはパテントの刻印が。これってWAのマグナ特許のやつかな?

Dsc00896
実射はワンマグだけしかしてないです。手応えというかブローバックショックはJガバと同じです。それほど強くないですがガシッとくる感じ。
集弾性などはどうなんでしょう。とりあえず部屋撃ちでしか試していないので、グルービングは普通にいいです。
これでもうABSのWA製品が増えることはないと思うのですが、Ver3システムの移植などに興味が出たら、マグナテック入手になるでしょうね。

さて今日はこんなところで。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

J-Armory SPRINGFIELD MIL-SPEC

なんとなく、マーキングが薄くて見えにくいのではと思いまして、ドアップ画像を作成してみました。

Jamark

もうちょっと深く濃くしたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初速計測 JA MIL-SPEC初登場!

初速計測記事です。
今日は曇りだと朝から思っていたら急に晴れだして、気温もぐんぐん上がっています。
直射日光下だとじりじりと暑くなってきます。

Speed604niwa
私の家の庭はこんな感じ。ゴルフ練習用のネットが奥にかけてあります。そこに空き缶をころんと入れておくと撃っても倒れない的のできあがり。
手前の縁側からちょうど10メーター弱くらいでしょうか。
遠距離が欲しいときは左奥の上の方に一斗缶を置いて20メータークラスとしてます。
そんな環境でスピードチェックです。

今回はJ-ARMORY初登場。まぁたぶんマグナなので普通にWAガバと同等と思います。

Speed604milspec

例によって4丁選出。ハイキャパシルバーモデルボブチャウスペシャルMIL-SPECKSC93R-Cの4つにしてみました。
Speed604guns

では計測結果。日当たりの良いところにガスガンを置いたら危ないですと言わんばかりに初速が跳ね上がった結果となりました。一応クルマの外気温時計では24度、弾はエクセルバイオ0.2g、計測器はクローニー、10発を記録をとりながらゆっくり撃っています。

Speed60451
ハイキャパは今まで70m/s前後で安定していた初速が今回の平均値で76.6m/sです。

Speed604bob
ボブチャウは平均80.3m/sで0.65Jですよ。すごー!J-ARMORYもここまで伸びるかな。

Speed604mil
なんとJAのMIL-SPECは80.99m/sです。このあたりがWAマグナの実力なのか大体ボブチャウと一緒という結果です。

Speed60493r
そして驚く無かれ93R-Cは86.4m/sと、さらに一段上の初速ですよ。これは凄いや。

Speed604all
4機種並べるとこうなります。初速の増加が前回より著しく10%弱は増加してます。
気候が暑くなってガスガン向きになってきたと言うことですね。

ちなみに私のMIL-SPECはホップがきつめなのか、ボブチャウより明らかに弾がうわずりホップかかりすぎの状態でぎゅーんと上昇していきました。
初速もあがってきているので重めの弾にしたほうがよいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

J-Armory SPRINGFIELD MIL-SPEC

早速通常分解してみました。
WAガバとまったく同一でスライドストップを外すには芯無しボールペンを用意して押し出してやるのが一番です。
それから、スプリングガイドを外すのですが、これがチャンバーブロックにぴったりはまっていてなかなかはずれません。私はドライバーでこじって外しました。私の入手した個体の問題かもですが、一応ご注意ください。
さらにブッシングががっちりはまっています。こんだけタイトに作られていると好感が持てますね。

Dsc00891_1
というわけで、一通りバラしてみました。アウターバレルをとりあえずMEUのものにしようとしてみたわけですが、どうもネジピッチが異なるようです。
たしかこのあたりはタッキさんのページに情報があったと思いますのであとで見に行こうかと思ってます。

で、通常分解の画像でもおやっとお気づきかと思いますがとりあえずグリップをWAのイーグルメタルグリップにしてみました。

Dsc00892_1

うーん、似合うような似合わないような。
ブラック系のウッドグリップがたぶんグレーブラックツートンにはぴったりだとは思うのですが、ちょっといろいろ試したくなっていたりしています。
ピアースのラバーでも良いかなぁ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

J-Armory SPRINGFIELD MIL-SPEC

買ってきました。ファーストインプレッション。
J-Armoryの初製品、スプリングフィールド MIL-SPECです。
とにかく、この値段でWAマグナ最新エンジンを備えたガバが買えるならお買い得です。

今日はフロンティアへ行ってきたのですが特価1万円でした。
そのほか安いモデルがいっぱいありましたよ。KSCのSTIは1万円しないし、マルシンSIG210も1万円でしたし、ねらったモデルがある方は行かれると良いと思います。

ではでは、写真を大急ぎでとりましたので、ちょっと汚いかもですがアップします。

Dsc00885
塗装もしっかりされていて、グレーブラックツートン(続いているなぁ)がなかなか良い感じですよ。スライドにレール部のひけがすこしありますが、それ以外は特に気になるところは今のところありません。

Dsc00886
フレームにもスライドにもばっちりSPRINGFIELDの刻印です。もう少しはっきりと打刻されてもいいかなとは思いますが、値段を考えれば上出来。

Dsc00889
アウターバレルはアルミっぽいですが写真に写ったとおり真っ白けっけでございます。
磨いてあげるか他のアウターと取り替えるかでしょうか。
ちなみにチャンバー部はプラメッキで刻印はSA.45AUTOと入っています。
一緒に移っているのは付属品のブッシングレンチ、このあたりはWA製品とは違いますね。

空撃ちしたブローバックの感じはまさにWAマグナです。ガシガシと手元にショックのくる気持ちいいブローバックですよ。
きっとこいつはグリップ交換やアウターバレル交換で何度も登場しそうです。

これは売れるんじゃないかなと思います、ガバの決定版はこいつかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

WA ベレッタM1934

今日、出会っちゃいました。ウッドグリップについに出会っちゃいました。
前々から、あればいいなぁと思っていたベレッタM1934のグリップです。
キャロムのスムーズココボロ、そういえばキャロムのホームページには出ていたかも。
でもウッドグリップは自分の目で見て買いたいですからねぇ。

そんなわけで画像アップです。

Dsc00882

Dsc00883

Dsc00884

いやーコンパクトオート、しかもヘビーウエイト製、ウッドグリップ、言うこと無しに決まった感じです。久しぶりにバシバシと空撃ちしましたが、反動もピシッとくるいいエアガンですね。ウエスタンアームズのベレッタM1934は文句なしのお奨めです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

WA WilsonCombat TSG

記事をアップしていなかったのが不思議なぐらい。おかしいなぁ。真っ先に写真などは撮ってみていたのですけどね。
そんなわけで、ウエスタンアームズ製ウイルソンコンバットのタクティカルスーパーグレード(Tactical Super Grade)です。

Dsc00881
まずは箱から。ハイスペックシリーズだったかな。いきなり4万円弱に値段があがってしまったスペシャルモデルとしてリリースされたTSG。そのためか箱もつやありの黒に金文字ですよ。この箱はなかなかかっこいいので好きです。

ウイルソンの最高峰タクティカルカスタムがこのTSGですからついてないものは無いという感じです。細かくなったグリップのチェッカリング、ハウジングやビーバーテイルの形状修正など念入りに作られています。
そして仕上げもFBIと同様のフッ素コート仕様ですよ。グレーブラックのツートンがここまでビシッと決まっているガバもそうはないはず。

Dsc00878
このモデルは私の好みでアンビセフティをステンレスの純正カスタムパーツに交換しています。カチッとしていてよい感触です。ハンマーやシアがステンレス製が標準装備でしたから少しでも素材感を揃えたかったというところでしょうか。
グリップはヘレッツフルチェッカーを装着しています。

Dsc00880
このモデルの刻印は少し太めの深めに入ってます。時々これぐらいくっきりした刻印のモデルも良いものですね。

とても綺麗なカスタムガバでもったいなくて射撃回数は少ないです。ウイルソンは綺麗すぎて汚したくないですよね。逆にボブチャウは汚れているぐらいのが似合うと思っているので結構撃ちまくってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »